オイルクレンジングは乾燥肌を悪化させてしまう可能性がある

オイルクレンジングによって乾燥肌に

乾燥

私が元々使っていたクレインジングはオイルタイプのものでした。


しっかりと落とすならオイルが定番と思っていたので、特にそれ以外のものに挑戦することもなく使い続けていましたが、なんだか潤いを持って行かれているような気がずっとしていました。


いつもはクレンジングの後に洗顔フォームで洗顔をしていたのですが、洗い終わったあとはキュッキュッという感じになっていて、時間がたつとつっぱっていました。


そのため、お風呂上りに一刻も早く急いで化粧水とクリームを塗らなければ肌がかゆくなってピリピリしていました。


みんな洗顔後はこんなものなのか?普通はもっとしっとりとした肌になるんじゃないのかな?という疑問を持ち続けており、ニキビも一向に改善されないこともストレスになっていました。


オイルクレンジングが肌を乾燥させやすい理由

理由

何かのコラムで、そもそもダブル洗顔はお肌の油分を取り過ぎる、大事なものまで洗い流してしまうという内容を読んだことがありました。


なので、メイク落としだけでも十分だという内容だったのです。


本当にそんなので汚れや化粧は落ちるのだろうかと思っていましたが、ニキビが悪化した時に皮膚科に行ったとき、肌が乾燥肌と言われました。


その時は鼻の周りや頬はテカテカしていたので、自分はオイリー肌だと思っており、びっくりしたのを覚えています。


そのとき、ようやく自分の肌は乾燥肌で、洗顔により本来の油をとり過ぎているので、それを補おうと余計に皮脂が出てきニキビに繋がっているということに気づきました。


 >オイルクレンジングを使い始めたらニキビができるようになった


なので、まずはオイルクレンジングを辞めて、クレンジング1つで済むものを使ってみようと考えました。


 >乾燥肌ならダブル洗顔をしない方が綺麗な肌になる?


クリームタイプのクレンジングにしたらお肌がしっとり

クリームクレンジング

洗顔を辞めてみたのと同時に、長年オイルのクレンジングを使っていたのですが、美容成分入りの肌に優しいのクレンジングに変えてみました。


ジェルとクリームは肌への負担が少ないという口コミを聞いたので、話題になっていた手の上で固形からクリーム状に変化して美容成分を多く含むDUOクレンジングバームというものを使ってみました。


使用後は、以前のようなキュッキュッという洗いあがりにはならず、しっとりという感じの洗い心地でした。


汚れとメイクは落ちたのかと少し不安にもなりましたが、何日も続けていると、確実に肌の油分が減ってきていることに気づきました。


洗顔後も、急いで保湿しなくても、洗ったあとでも十分しっとりとしていました。


ニキビも以前より出てくることが減りました。


また、ジェルで時間をかけてくるくると鼻回りを洗うことにより、黒ずみも減りました。


肌トラブルの改善はクレンジング選びから

乾燥肌の方が使うべきクレンジング!おすすめNO.1はコレ!