敏感肌の方こそダブル洗顔不要のクレンジングを使おう

こすりすぎで敏感肌に?

私は元々敏感肌なのですが、いくら低刺激と謳っている商品でも、洗顔後は顔がヒリヒリしたり赤くなることが多かったです。


その上乾燥肌でもあるのですが、特に朝起きた時にカサカサといいますか潤いが失われている感じがしていました。


私は今まで化粧を落とすためのクレンジングとその後洗顔クリームを使ういわゆるダブル洗顔をしていたのですが、もしかしたらこのダブル洗顔をすることによって、本来肌に必要な油分や水分まで落としてしまっているのではないかと感じるようになりました。


そしてダブル洗顔をやめることで、不必要な刺激や乾燥から肌を守れるのではないかと思い始め、インターネットの口コミを参考にしながらダブル洗顔不要のクレンジングを探しました。

何度も洗うことが敏感肌を悪化させてしまう

ダブル洗顔をやめることでまずお肌への負担を減らせると思いました。


一般的にはクレンジングによってメイクなどの化学成分を溶かして落とし、洗顔によって皮脂などの油汚れやほこりを取り除くという認識ですよね。


もちろん、ダブル洗顔をする方が汚れを落とすという意味ではいいと思うのですが、肌を摩擦してしまうと言う点においてはデメリットがあるわけです。


当たり前ですが、洗顔やクレンジング、さらには保湿なども役割ごとにコスメを分けることによって、肌を摩擦する回数が増えることになるのです。


特に敏感肌のような方は注意が必要です。


実際に私は敏感肌なので、クレンジングの後にさらに洗顔をするのは必要以上に肌に負担負担をかけているのではないかと思い、まずそれをやめようと思いました。


クレンジングは化粧や汚れを落とすことを目的に作られているので、本来ならこれ一本で十分な効果が得られるのではないかと思ったからです。


実際に私はダブル洗顔後に顔が赤くなったり、ヒリヒリすることが多かったです。


それでもそれを続けていたのは、間違った情報が常識として伝えられ、私もそれが正しい方法だと思い込んでいたからだと思います。


冷静になってちょっと考えると、どれだけ肌に負担をかけているのか簡単にわかることなのになぜ今まで気づかなかったのだろうと自分でも不思議に思います。

洗顔フォームを使わなくなってから肌の調子がいい

実際に私はクレンジングだけで洗顔フォームを使わなくなってから、やはり期待通りそれまでの肌トラブルが解消されました。


手の上で泡になるタイプのDUOのクレンジングを使っているのですが、低刺激としっかり落とすことを両立させた商品で、お肌に本当に優しいです。


ダブル洗顔も不要なので今までのように無駄な刺激を与えることもなく、常に潤いがキープできている感じがしています。


以前は朝起きた時に肌がカサカサしていたのですが、ダブル洗顔を止めてからは、起き抜けも肌がしっとりすべすべしています。


私の場合はすぐに効果を実感することができたので、やはりダブル洗顔はお肌には良くないのだと痛感しました。


肌本来の潤いがキープできるので、お化粧のりも自然に良くなりました。