乾燥肌に合うクレンジングって?おすすめはどれ?

クレンジングが原因で乾燥肌が治らない?

治らない

多くの女性が30代〜40代くらい、早い方で20代の後半くらいから、徐々にお肌の乾燥が気になり始めますよね。


若い頃ならちょっと潤いが足りないと思っても化粧水をたっぷり塗ればすぐにしっとり肌を取り戻せたのに、今では化粧水をつけても全然効果を実感できない・・・


保湿をしっかりとしているのに、全く乾燥肌が治らないという方は多いと思います。


でも、実はお肌から水分が逃げやすくなってしまっている原因はクレンジングが合っていないことが多いのです。


乾燥肌というと、つい化粧水や美容液などで改善しようとしがちですが、水分を保持する機能を低下させてしまうような洗浄力の強いメイク落としを使用しながら、その後のスキンケアにいくら高級な化粧水を使っても効果が発揮されないのは当たり前です。


そのため乾燥肌を治したいのであれば、まずはスキンケアの一番最初に行うメイク落としから見直してみる必要があるのです。


そこで、本サイトでは乾燥肌の方はどんなクレンジングを選ぶべかといったことや、おすすめのアイテムを紹介したいと思います。


すぐにおすすめ商品を見たい方は乾燥肌におすすめのクレンジングランキングを参考にしてみてください。



クレンジング選びのポイント

選び方

お肌が乾燥しやすい方が選ぶべきクレンジングというのはどのようなものなのでしょうか?


選び方の大事なポイントとしては肌への刺激が少ないことがとても大切です。


なぜなら、乾燥肌というのは肌が内部の水分を閉じ込めておく力が低下した状態なのですが、水分を保持するためには皮膚の表面にある角質層に必要な油分がしっかりと存在して水分を逃がさないようにする必要があります。


でも角質層の油分は、擦りすぎてしまったり洗浄力の強すぎるクレンジングを使用して過剰に洗浄することで、外側に流出してしまうのです。


そうなると、当然ながら一生懸命保湿をしても水分がどんどん逃げてしまいますね。


そうならないためにも、メイク落としによる刺激は最低限に抑えることが大切なのです。


ただ、肌に優しいからと言ってメイクがしっかりと落とせないようでは意味が無いので、洗浄力と肌へのやさしさのバランスが大切ですね。


そこで、肌への優しさと洗浄力について程よいバランスのクレンジングを選ぶために2つの重要な指標があります。


それは


  • W洗顔不要で
  • クリームまたはジェルタイプ

のものを選ぶことです。


では、どうしてこの2つが大切なのか詳しく説明しましょう。


W洗顔不要のものを選ぶ

ダブル洗顔不要

当たり前のことですが、基本的はクレンジングはメイクの汚れを落とすためのもので、洗顔料は皮脂汚れを落とすためのものですね。


だから両方行うことが絶対に必要なのですが、先ほども言ったように肌への過剰な摩擦は必要な油分を落として乾燥を促進させてしまいます。


そのため、乾燥肌の方はできるだけ皮膚を擦るような動作を少なくするべきなのです。


そう考えると、やっぱりメイク落としと洗顔を同時にできるW洗顔不要のクレンジングを選んだ方がいいのです。


クリームまたはジェルタイプを選ぶ

クレンジングの種類

また、メイクを落とすときに肌への刺激を抑えるためには、どのタイプのクレンジングを選ぶか?ということも重要です。


一般的に使われているものとしては


  • オイル
  • リキッド
  • ジェル
  • クリーム
  • ミルク

といったものがありますね。


上記の5つは、上にあるものほど洗浄力の強いものになります。


また、洗浄力の強いものを使うと濃い目のメイクでも簡単に落とせる代わりに肌への負担も大きいので、「洗浄力(落ちやすさ)=肌への負担の大きさ」とも言えるわけです。


だから一番肌に優しいクレンジングはどれか?という観点で見るとミルクタイプになるのですが、最初の方でも言った通り洗浄力と刺激のバランスが重要です。


いくら肌に優しくても、なかなかメイクが落ちないからと言って長時間ゴシゴシと擦って刺激を与えてしまっているようでは、何のために肌に優しいものを選んだのかわからなくなってしまいますね。


そう考えると、ミルクタイプは肌には優しいけど洗浄力が弱すぎるので、洗浄力と摩擦による刺激を天秤にかけたときにもっともバランスが取れているジェルタイプ、またはクリームタイプのものを選んでおけば間違いないでしょう


ポイント

ジェルやクリームタイプの場合はオイルやミルクタイプなどに比べるとある程度の硬さや粘りがあるので、使用時に手と顔の間にうまく入り込んでクッションの役割をしてくれるため、手からの刺激を軽減してくれるというメリットもあるのです。


以上のような点から、乾燥肌に合ったクレンジングの選び方として大事なポイントは


  • ダブル洗顔不要であること
  • ジェルまたはクリームタイプ

という2つが重要になってくるのです。


この2点を満たす乾燥肌の方におすすめのクレンジングをランキング形式で紹介していきますので、乾燥肌改善のためにも使用を検討してみて下さい。


乾燥肌におすすめのクレンジングランキング

 

リ・ダーマラボ

商品の特徴

美容皮膚科医も認めたドクターズコスメで、新感触のこんにゃくスクラブが肌をいたわりながらしっかりとメイク汚れを落としてくれます

ヒアルロン酸やビタミンCなど42種類もの美容成分を配合し、99.3%が美容成分というまるで美容液で洗っているかのような仕上がりを実現しています。

初めて購入される方に限り1本購入するともう1本もらえるので実質半額、さらに14日間の返金保証までついてくるのでコスパの良さも魅力です。

価格 初回2,848円(2ヵ月分)
返金保証 14日間
評価 評価5
 
 

DUOクレンジングバーム

商品の特徴

@コスメで第1位、6年連続モンドセレクション金賞受賞するなど長期間不動の人気を誇る定番のクレンジング。

手に乗せるとろける不思議な感覚が好評で、これ1つでメイク落としに洗顔、角質ケアまでできる優れもの。

大人気のDUOが初回限定で50%OFFなので、まずはDUOの実力を試してみて下さい。

価格 初回1,800円
返金保証 -
評価 評価4
 
 

マナラ

商品の特徴

マナラのホットクレンジングは人気雑誌にも多く掲載され、TVなどでも紹介された人気商品です。

天然精油から作られた柑橘系の香りと、使ったとにほんのりと温かさを感じる使い心地が好評です。

通常価格4,104円のところ初回限定で2,990円、さらに45日間の返金保証付きなので安心して試すことができます。

価格 初回2,909円(2ヵ月分)
返金保証 45日間
評価 評価3
 

オイルクレンジングを使った後に肌がひどくつっぱるのを経験

乾燥

私が元々使っていたクレンジングはオイルタイプのものでした。


しっかりと落とすならオイルが定番と思っていたので、特にそれ以外のものに挑戦することもなく使い続けていましたが、なんだか潤いを持って行かれているような気がずっとしていました。


いつもはメイクを落とした後に洗顔フォームで洗顔をしていたのですが、洗い終わったあとはキュッキュッという感じになっていて、時間がたつとつっぱっていました。


そのため、お風呂上りに一刻も早く急いで化粧水とクリームを塗らなければ肌がかゆくなってピリピリしていました。


みんな洗顔後はこんなものなのか?普通はもっとしっとりとした肌になるんじゃないのかな?という疑問を持ち続けており、ニキビも一向に改善されないこともストレスになっていました。


オイルタイプが乾燥肌向きじゃない理由

理由

何かのコラムで、そもそもダブル洗顔はお肌の油分を取り過ぎる、大事なものまで洗い流してしまうという内容を読んだことがありました。


なので、メイク落としだけでも十分だという内容だったのです。


本当にそんなので汚れや化粧は落ちるのだろうかと思っていましたが、ニキビが悪化した時に皮膚科に行ったとき、肌が乾燥肌と言われました。


その時は鼻の周りや頬はテカテカしていたので、自分はオイリー肌だと思っており、びっくりしたのを覚えています。


そのとき、ようやく自分の肌は乾燥肌で、洗顔により本来の油をとり過ぎているので、それを補おうと余計に皮脂が出てきニキビに繋がっているということに気づきました。


 >オイルクレンジングを使い始めたらニキビができるようになった


なので、まずはオイルタイプのものを辞めて、さらにクレンジング1本で済ませられるダブル洗顔不要のものを使ってみようと考えました。


 >乾燥肌ならダブル洗顔をしない方が綺麗な肌になる?


メイク落としを変えたことでお肌がしっとり

クリームクレンジング

洗顔を辞めてみたのと同時に、長年オイルタイプのものを使っていたのですが、美容成分入りの肌に優しいバーム(クリーム状)のクレンジングに変えてみました。


前にもお話しした通り、ジェルとクリームは肌への負担が少ないというのを知ったので、手の上で固形からクリーム状に変化して美容成分を多く含むDUOクレンジングバームを使ってみました。


使用後は、以前のようなキュッキュッという洗いあがりにはならず、しっとりという感じの洗い心地でした。


汚れとメイクは落ちたのかと少し不安にもなりましたが、何日も続けていると、確実に肌の油分が減ってきていることに気づきました。


洗顔後も、急いで保湿しなくても、洗ったあとでも十分しっとりとしていました。


ニキビも以前より出てくることが減り、時間をかけてくるくると鼻回りを洗うことにより黒ずみも減りました。


評判のよい洗顔や化粧水を使っているのに、どうしてもお肌が乾燥してしまうという方は、スキンケアの最初の工程であるメイク落としに問題があるのかもしれないので、クレンジングの見直しを検討してみることをおすすめします。


↓ ダブル洗顔不要の人気クレンジング ↓